HOME   »  2013年03月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
< ゚w゚ >ノオイッス

DIVA-F楽しいですよね~
もう発売日からずっとやりこんでますん!
だけど何日か専コン使ってると不満な点がいくつか

①スティックが誤反応がちょっと多い
②連打してるとたまにボタンが反応しない
③音がちょっとうるさい←

ってことで静音化ついでに改善してみることにしました。


まず、今回使う道具
Picture 29
・専用ミニコントローラ
Picture 37
・ゴム板ロール(薄さ0.5mmの1mで420円)
・はさみ
・両面テープ
・メンディングテープ
・ピンセット
以上!
今回はこの道具だけで静音化とかやって来ます。

ってことでまずは分解!
Picture 30

まず裏のネジを外して裏蓋を外します。
黒いとこのネジは滑り止めの奴なので銀色のネジだけでOKです。

で外したらパコッって外れて中身が丸見えに///
Picture 31

結構シンプルな構造ですね。
実はこれデカイ方の専用コントローラの中身がほとんど小さくなっただけです。(基盤の位置とかは違いますが)

とはいえかなりスカスカ・・・・
これだと結構中で反響したりして打音が増幅してそうです。

次はボタンを外してどの構造なのかチェック
Picture 32
ボタンは白い板に2箇所のツメで固定してますのでツメを摘みながら外側に押し込みます。
Picture 33
外れたら今度は透明のパーツと黒い土台を分離させます。
これも透明のツメが2箇所止まってるだけなので割らないようにゆっくり外します。
Picture 34
で外したら中からバネと白いボタンの心臓部が見えました。
Picture 35
ボタンの裏側にわバネを固定する◎穴とボタンを押し込む黒い凹が
この凹が下側の凸に入ってボタンが反応しているようです。
そして回りの透明なパーツの凸が
Picture 36

心臓部周りの4箇所ある赤い所に接触して打音が発生しているようです。

なのでここにゴム板を仕込みます。
Picture 43

かなり小さい部分なので今回は効率よく済ませるために
長方形に切ったゴム板に先に両面テープを貼り付けます。
また厚さを調整するために0.5mmを両面テープで重ねて1mmの厚さにしておきます。
そしてこれを3mmぐらいに切ります。
Picture 44
これの両面テープを剥がしてさらに小さい長方形の形に合わせて1.5mmぐらいのサイズにして、
そんでもって先ほどの赤いところに1箇所のツメに3個ぐらい貼り付けていきます。
Picture 46
細かい作業なのでピンセットがあると非常に便利!

本来は前のデカイコントローラーの静音化するときにやった、ボタンの凹凸の間にゴム板を挟むことをするんですが、Picture 45
↑こんな感じ

ミニコンの場合ボタンを浅く押してもも反応してしまうため
ボタンの間に何かを挟むと常時ボタンが反応してしまうため今回はこれは行いません。
Picture 42

また、同様な理由で透明のツメとの接触面にもゴム板を付けましたが
同じように反応したままになるのでこちらも却下
キーストロークは1mm未満みたいです。

黒い凹の部分を削れば挟めそうだけど予備のパーツが一切ないのでやめときます。

そして先ほどのバネを戻してはめ込みます。
※ボタンにも向きがあるのでしっかり確認してから差し込んでください。

そして、次はスティックの静音+反応改善
っていっても単純にスティックと白い部分の接触面をゴム板を巻くだけです。
Picture 47
右側が巻いた状態、左側が巻いてない上体
細く切ったゴムロールの先端に両面テープ付けてグルグル巻きつけるだけ
こうする事により、静音と共に、倒した後に別の方向に移動するのを抑える効果があるので
かなり誤反応を抑えることが出来ます。
Picture 48

そして黒いボタンと白い土台の接触面が安定してないことがわかったので
ココもゴムを挟んで安定させます。
そのためにゴムを巻いてゴムの柱を作ります。
Picture 49
まずはボタンの接触部分のコードを抜きます。(丁寧にね)
コンセントみたいな状態になればOKです。
Picture 50
そしてゴムで作った柱をすっぽり被せる。(ゴム柱の高さは4.5mmにしてます)
Picture 51
そしてタコさんウインナーみたいに5mmほど切り込みを4箇所いれてケーブルを通す穴を開けます。
Picture 52
同様に他のボタンにも柱をつけます。

ここでちょっと比較用の動画を取るために蓋閉じました。

Picture 54

そしてその後に8箇所すべてに柱をつけます。
さらにさらに!
裏蓋との折衝面と思われるとこすべてにゴム板挟みこみます。

Picture 56

白い部分の接触面には裏蓋に直接ゴム板を貼り付ける。

そして蓋を閉めて完成です。
※閉めるときにゴム柱を押し込むようにネジをとめてください。

お疲れ様でした。

それではどれだけ静かになったか動画にしましたので、
こちらをご覧ください。


ボタンは静音化、スティックに関してはかなりの効果が得られました。

その代わり押した感覚は変わってます。
カタッ!カタッ!から→タッ!タッ!に

またスティックの誤反応も減ったので
片手で千本桜EXの☆連打もCOOL余裕です!

時間がかかりましたが満足のいく結果になりました!

< ゚w゚ >ノそれじゃ今日はココまで!
スポンサーサイト
カウンター
プロフィール

ひじゅき

Author:ひじゅき
初音ミクのイベントに出かけたり、
初音ミク-Project DIVA-シリーズを遊んだり
ねんどろいどを弄ったり
いろいろ作ったりして遊んでます(:3_ヽ)_

ついったー
検索フォーム

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。